Infinity Communication Chariman's Blog

インフィニティコミュニケーション 会長ブログ

起業論

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

起業家は、起業すると決めたその時から、なぜか各方面から否定されてくもので。(起業するとわかるけど、まわりが冷たくなる)

本当に不思議なんだけど、

安定領域にいたとき、こうあるべきと批評していたことが、いざ自分がゼロから会社やるとなったら見るも無残に大半がコケる。

自分も最初そうだったし、優秀な方々のそれを間近で沢山見てきた。

会社の基礎が確立(=与信水準値)されてないと、いくら優秀なビジネスマンでも、スタートラインにすら立てないからあたり前だったんだけど。

 

基礎を作るために、5年くらいは普通は必要で、会社の成長に必要なことは全てやらなければいけなくて。それこそネガティブなことも嫌なことも積極的に取り組む姿勢が必要で。

(スタートラインに立てるのは5年後からかも)

他にも、クライアント新規開拓、人材採用、取引先とのトラブル、資金繰り、銀行との取引、成長阻害への対策、社内外人間関係のバランスetc

経験ないこと山ほど。

 

大手の有能なNo2でも、事業を立ち上げた経験があっても、思ったようにうまくいかないのはそうゆうところかもしれない。

なんというか、使う頭の筋肉が違うからと、

今だからわかる。

 

それに、こうやったらうまくいく、いかないといったロジックはないからだと思う。

だから、根本に強い自己肯定がないとできないというか、進めない。

 

私は、どちらかといえば引き出し沢山あるから、経営者や影響力あるひとたちにコイツ面白いやつみたいな感じで言われるジャンルで。

プライドとかは特にないので、なんとなく、自然に仲間ができて、サポートしてもらい、助けられてスケールして事業継続できたのかもしれないと今だから感じる。

 

結論は、どんなに勝算のプランがあっても、サポートされなければビジネスって成功しないと思う。その前にスタートラインに立てないかも。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。