IC e-sports BLOG

インフィニティコミュニケーション eスポーツブログ

PUBG Japan Series Season5 Grade2 DAY3

どうも M です

いよいよ本日DAY3ですね!

軽くDAY1とDAY2の結果みてみましょうか。

青枠がDAY1、緑枠がDAY2になりますが、明らかに戦績右肩上がり!
細かな戦略はここではお伝えできませぬが、本日のDAY3で「ドン勝」取れれば、上位へ食い込むことも出来るに違いない!!

今晩も熱いぜ!!

◆DAY1の結果
◆DAY2の結果
◆PJSseason5 Phase1 Grade2 Day3 ライブストリーミング

Twitter @mamagames_kai

PUBG Japan Series Season5 Grade2 DAY2

どうも M です。

本日PJS Season5 DAY2 です!!
前回最下位でしたんで一機に巻き返し&DAY3につながるゲームを期待したいっす。

PUBG Japan Series Season5 Grade2 DAY1

どうも担当のM(KAI_setsuna)です。

先週末のDAY1結果は、16チーム中16位と少々振るわない結果となってしまいました。
運営母体の変更含めてチームの変遷の時期でもありますので、大きく進化する前だと思い
温かい目で見守ってくださいませ・・・

なんとかDAY3までには結果が出せるよう運営ともども精進してまいります。

PUBG Japan Series Season5 Grade2参戦します!

eSports 全般担当しております Mです。
この度、弊社にてPUBG eSportsチームを持つこととなり、チームManager(KAI_setsuna)も兼務することとなりました。
どうぞよろしくお願いいたします。

軽くチーム紹介させていただきます。

チーム名:mama games-KAI
以下が所属メンバーです~~~

【メインメンバー】
Ai-DeAL( @neonsannn )
THE-F1N4L( @07_EIRA )
MileFy( @milemilefy )
Yohji( @Yohjli )

【リザーブ】
riko( @riko_pubg )

この5名でPJS Season5 Grade2を戦って参ります!!
新規参入チームですがご声援の程よろしくお願い致します。

https://pubgleague.dmm.com/schedule

初戦は2/28 です!!
乞うご期待( ゚Д゚)

PJSseason5 Phase1 Grade2 Day1 (ライブ配信)

【TEPPEN(Ver2.1)】vsあくび春麗ミラー

こんにちは、TCG担当Gです。

今回は、予告通り最新環境(Ver2.1)での対戦動画解説をします。
社内のTEPPENプレーヤーにヒアリングしたところ、あくび春麗ミラーの希望が多かったので、マッチングはあくび春麗ミラーとなっております。
また、新能力「目覚め」の仕様上、今回はゲーム内のリプレイ動画ではなく、リアルタイム録画での動画となります。

対戦相手は昨年の日本決定戦出場選手でして、対戦時点ではランカー対決となっております。(G(25位)vs対戦相手(48位))

今回は、解説内容があまりにも多くなる為、改めて更新させていただきます。

ではまた

teppen到達

こんにちは、TCG担当Gです。

一時的ではありますが、世界ランキングで1位を獲得出来ました。

2020年1月のアップデート(Ver2.0)で、ヒーロー「豪鬼」の参戦に加え、新能力「目覚め」が追加され、さらに2月のアップデート(Ver2.1)で、紫のカード能力調整が入ったため、環境が大幅に変わりました。
特に、新能力「目覚め」の追加で、これまでより瞬間的なプレイの差が勝敗を分けるようになり、個人的には面白さを増しました。
#さらに通信環境が、重要なゲームになりました…

次回は、最新環境での動画解説をしますので、乞うご期待!!!

ではまた

TEPPEN NEW YEAR CUP 2020

あけましておめでとうございます、TCG担当Gです。

賞金総額5000万の「TEPPEN World Championship 2019」が終わりましたが、その会場にて今年の世界No.1プレイヤーを決める大会「TEPPEN WORLD CHAMPIONSHIP 2020」の開催が発表されました!

さらに、ヒーロー「豪鬼」の参戦を記念して、「”天”(Ten) Events for TEPPEN 2.0」が開催されており、そのイベントの1つとして、「TEPPEN NEW YEAR CUP 2020」が開催されています。

TEPPEN World Championship 2019」以来のオンラインの大会ということで、私も参加しており、teppenが見えるところで昨年はteppen納めとしました。

さて、今年1番の記事ではteppne納めとなった2019年最後の試合が久しぶりの20連勝達成だったので、その記念も兼ねて、また対戦相手の体力30をぴったり綺麗に削り切ったこともあり、動画映えする試合となったので、対戦動画解説をします。

動画17秒 「迸る魔力」のタイミングは最速、「予知」の後と決めていたので、7コストが溜まったタイミングで「予知」プレイ。
動画33秒 この試合で最も悩みました。「予知」のプレイで「アナカリス」をドローし、私のデッキにはあまり高コストが入っていないので、「迸る魔力」を打つのはもう少し待ちたかった場面です。しかし、対戦相手は「予知」のリアクションとして、「不意打ち」をプレイしたので、ヒーローアーツ「真空波動拳」を打つのを遅くする為に、「迸る魔力」をプレイすることを決断しました。
動画1分12秒 「エイダ・ウォン」をプレイしました。対戦相手側が警戒してくれたので、MP最大まで待てましたが、仮に対戦相手が先にユニットをプレイした場合、対戦相手がプレイしたユニットのラインとは別ラインに最速で「エイダ・ウォン」をプレイする予定でした。
動画1分22秒 対戦相手が「エイダ・ウォン」と同じラインに「バレッタ」をプレイしました。何もしなければ「バレッタ」が生き残るので、ここは放置します。
動画1分26秒 「ジュリ」→「レイレイ」→「隠密」と連続でプレイしました。2枚連続でプレイした背景には、対戦相手が最悪「解放への一太刀」と「竜王の審判」の両方もしくはさらにダメージ系のアクションカードを持っている前提で、どちらかといえば「ジュリ」を残したいという狙いで同時プレイをしました。結果、「ジュリ」も「レイレイ」も残りましたが、予想通り、「隠密」を「レイレイ」にプレイしたことで、対戦相手は「レイレイ」を撃破しに来ました。
動画1分56秒 対戦相手が「リュウ」を「レイレイ」のラインにプレイしました。ギリギリ「ダークホールド」が間に合いました。ここからは先はよくある「ジュリ」ゲーですね^^

teppenは、自らのドローカードだけでなく、対戦相手のプレイとの兼ね合いで生まれた状況をリアルタイムで上記のようなことを考えらながら、プレイするというのが一番の醍醐味かなと思います。

ではまた

—2020/01/18更新
最終順位は68位でした…

TEPPEN Ver1.5

こんにちは、TCG担当Gです。

絶賛ドハマり中のTEPPENですが、11月からのアップデート版(Ver1.5)にて初めてのシステム・カード能力調整が入りました。
今回のシステム調整で追加となったマリガン(一度だけ手札を引き直すこと)で全くゲームにならないという試合が減ったのがかなり素晴らしい改善だと感じていますが、それ以上に、正式に公開はされていないのですが、通信の維持が向上したような気がしており、それが今も継続してプレイしている最も大きな要因です。
#以前のバージョンだと、一瞬でも通信が切れると即敗北となったのが、多少の通信断であればプレイが継続されような改善がされた印象があります。

新ヒーロー追加やカード能力の大幅調整に伴い、これまでの情勢が大きく変わり、なかなか安定して勝てるようなデッキに辿りつくことが出来ませんでしたが、ようやく今週に入り、仕上がってきたかなというところまで行きました。

来週、日本代表決定戦の裏でTEPPEN RAGEカップが開催されると本日公式で発表がありましたので、機会があれば参加してみようと思います。

ではまた

TEPPENを目指せ

こんにちは、TCG担当Gです。

水野さんの記事にありましたTEPPENの世界大会1次予選にがっつり参加しました。

結果は、残念ながら予選突破叶わずでしたが、引き続きTEPPEN目指して細々とプレイし続けてみようかなと思っています。

次回はTEPPEN到達時にでも