IC e-sports BLOG

インフィニティコミュニケーション eスポーツブログ

【TEPPEN(Ver2.1)】vsあくび春麗ミラー

こんにちは、TCG担当Gです。

今回は、予告通り最新環境(Ver2.1)での対戦動画解説をします。
社内のTEPPENプレーヤーにヒアリングしたところ、あくび春麗ミラーの希望が多かったので、マッチングはあくび春麗ミラーとなっております。
また、新能力「目覚め」の仕様上、今回はゲーム内のリプレイ動画ではなく、リアルタイム録画での動画となります。

対戦相手は昨年の日本決定戦出場選手でして、対戦時点ではランカー対決となっております。(G(25位)vs対戦相手(48位))

今回は、解説内容があまりにも多くなる為、改めて更新させていただきます。

ではまた

teppen到達

こんにちは、TCG担当Gです。

一時的ではありますが、世界ランキングで1位を獲得出来ました。

2020年1月のアップデート(Ver2.0)で、ヒーロー「豪鬼」の参戦に加え、新能力「目覚め」が追加され、さらに2月のアップデート(Ver2.1)で、紫のカード能力調整が入ったため、環境が大幅に変わりました。
特に、新能力「目覚め」の追加で、これまでより瞬間的なプレイの差が勝敗を分けるようになり、個人的には面白さを増しました。
#さらに通信環境が、重要なゲームになりました…

次回は、最新環境での動画解説をしますので、乞うご期待!!!

ではまた

TEPPEN NEW YEAR CUP 2020

あけましておめでとうございます、TCG担当Gです。

賞金総額5000万の「TEPPEN World Championship 2019」が終わりましたが、その会場にて今年の世界No.1プレイヤーを決める大会「TEPPEN WORLD CHAMPIONSHIP 2020」の開催が発表されました!

さらに、ヒーロー「豪鬼」の参戦を記念して、「”天”(Ten) Events for TEPPEN 2.0」が開催されており、そのイベントの1つとして、「TEPPEN NEW YEAR CUP 2020」が開催されています。

TEPPEN World Championship 2019」以来のオンラインの大会ということで、私も参加しており、teppenが見えるところで昨年はteppen納めとしました。

さて、今年1番の記事ではteppne納めとなった2019年最後の試合が久しぶりの20連勝達成だったので、その記念も兼ねて、また対戦相手の体力30をぴったり綺麗に削り切ったこともあり、動画映えする試合となったので、対戦動画解説をします。

動画17秒 「迸る魔力」のタイミングは最速、「予知」の後と決めていたので、7コストが溜まったタイミングで「予知」プレイ。
動画33秒 この試合で最も悩みました。「予知」のプレイで「アナカリス」をドローし、私のデッキにはあまり高コストが入っていないので、「迸る魔力」を打つのはもう少し待ちたかった場面です。しかし、対戦相手は「予知」のリアクションとして、「不意打ち」をプレイしたので、ヒーローアーツ「真空波動拳」を打つのを遅くする為に、「迸る魔力」をプレイすることを決断しました。
動画1分12秒 「エイダ・ウォン」をプレイしました。対戦相手側が警戒してくれたので、MP最大まで待てましたが、仮に対戦相手が先にユニットをプレイした場合、対戦相手がプレイしたユニットのラインとは別ラインに最速で「エイダ・ウォン」をプレイする予定でした。
動画1分22秒 対戦相手が「エイダ・ウォン」と同じラインに「バレッタ」をプレイしました。何もしなければ「バレッタ」が生き残るので、ここは放置します。
動画1分26秒 「ジュリ」→「レイレイ」→「隠密」と連続でプレイしました。2枚連続でプレイした背景には、対戦相手が最悪「解放への一太刀」と「竜王の審判」の両方もしくはさらにダメージ系のアクションカードを持っている前提で、どちらかといえば「ジュリ」を残したいという狙いで同時プレイをしました。結果、「ジュリ」も「レイレイ」も残りましたが、予想通り、「隠密」を「レイレイ」にプレイしたことで、対戦相手は「レイレイ」を撃破しに来ました。
動画1分56秒 対戦相手が「リュウ」を「レイレイ」のラインにプレイしました。ギリギリ「ダークホールド」が間に合いました。ここからは先はよくある「ジュリ」ゲーですね^^

teppenは、自らのドローカードだけでなく、対戦相手のプレイとの兼ね合いで生まれた状況をリアルタイムで上記のようなことを考えらながら、プレイするというのが一番の醍醐味かなと思います。

ではまた

—2020/01/18更新
最終順位は68位でした…

TEPPEN Ver1.5

こんにちは、TCG担当Gです。

絶賛ドハマり中のTEPPENですが、11月からのアップデート版(Ver1.5)にて初めてのシステム・カード能力調整が入りました。
今回のシステム調整で追加となったマリガン(一度だけ手札を引き直すこと)で全くゲームにならないという試合が減ったのがかなり素晴らしい改善だと感じていますが、それ以上に、正式に公開はされていないのですが、通信の維持が向上したような気がしており、それが今も継続してプレイしている最も大きな要因です。
#以前のバージョンだと、一瞬でも通信が切れると即敗北となったのが、多少の通信断であればプレイが継続されような改善がされた印象があります。

新ヒーロー追加やカード能力の大幅調整に伴い、これまでの情勢が大きく変わり、なかなか安定して勝てるようなデッキに辿りつくことが出来ませんでしたが、ようやく今週に入り、仕上がってきたかなというところまで行きました。

来週、日本代表決定戦の裏でTEPPEN RAGEカップが開催されると本日公式で発表がありましたので、機会があれば参加してみようと思います。

ではまた

TEPPENを目指せ

こんにちは、TCG担当Gです。

水野さんの記事にありましたTEPPENの世界大会1次予選にがっつり参加しました。

結果は、残念ながら予選突破叶わずでしたが、引き続きTEPPEN目指して細々とプレイし続けてみようかなと思っています。

次回はTEPPEN到達時にでも

TEPPEN World Championship 2019

水野です

朗報?
TEPPEN World Championship 2019が開催されます!

予選:2019/10/5 12:00~17:59
決勝:2019/12/21
TEPPEN World Championship 2019

詳細は未定ですが、参加資格があるのであれば参加してみたいものだ・・・
刹那くんのランクは、この1週間で、「D3」まであがりました。
「F5,F4,F3,F2,F1,E5、E4,E3,E2,E1,D5,D4、D3」と地道にランクアップを進めまして・・・
E,Fランクは負けなしだったんで楽勝モードでしたが、さすがにDランクは勝ったり負けたりですね。。世の中そんなに甘くない。

TEPPEN

水野です。
皆様「TEPPEN」をご存知ですか?
あの「カプコン」と「ガンホー」のコラボ制作のカードゲームっす
TEPPEN公式

カードバトルでありながらターン制を廃止しリアルタイムバトルとなりまして、「FFIV」の衝撃が再び( ゚Д゚)!
国内リリースは1か月ほどになりますが、世界ですでに300万ダウンロードと猛威を振るっております
そんな私も、リリース早々にDLしたもののチュートリアルで若干挫折ししばらく放置しておりましたが、ちょっと再開してみようかと思った次第です。

なぜ再開したかって??それは・・すぐそこに神がいたから・・・・・


「この世界に神はいない」
「俺がガンダムだ!」



そんな感じで、私の相棒「刹那」のご紹介。
ゲーム内容を完全に把握できておりませんが、使用キャラは見た目重視で、ヴァンパイアより・・「モリガン」様!
ここからTEPPENへの第一歩を踏み出した・・・・・っす

ぷよぷよeSprots

eSports担当することになりました水野です。
以後お見知りおきを

Blog投稿任務を拝命されたわけですがが、即ネタもなかったもので、先月参戦した「ぷよぷよesports」の近況を軽くご報告です。

全国都道府県対抗 eスポーツ選手権2019 IBARAKI
参戦してきたのはこちらの大会(8/17の神奈川予選)になります。

大会の簡単ルール
予選:シングルプレイの2分間のチャレンジモードを2回プレイして点数高いほうが自スコアとなり上位16名が通過
決勝トーナメント:タイマン勝負

という感じです。
予選は2分間のスコアアタックとなりますゆえ、必然ながーい連鎖をいかに組めるかという勝負になるわけでございます。
東京予選通過スコアが63万(16連鎖程度)と聞いていたので・・・神奈川も同等か、最低15連鎖程度になるだろうと思っております。

何を隠そう、16連鎖など学生時代(20年前)にやったことがある程度で、15連鎖すら数十回に1回程度の低確率、2回のチャレンジでできるかよ~っていう程度の力量しかないわけですが・・

そんなですが、なんだかんだでやる気満々の「整理券001」!!
トップでチャレンジしてしまうわけっす。

そして結果は、最大9連鎖しかできずに惨敗・・・・orz

10時でトップ受付してしまったもんだから、結果発表の14:45まで待ちぼうけ・・・大和イオンモールでまちぼうけ。。。
正直大会ルールもう少し把握しておれば、ギリギリに来てからでも大丈夫だったな。。と後悔もしつつ待つこと4時間

いよいよ14:45になり、結果発表~
予選通過スコアは、53万点と、15連鎖は、やはり必要でございました。。。アーメソ

そのまま決勝なんて見ることなく帰りましたよ。。だって家族がまっているからw

来年はもう少しレベル上げて挑むかどうかしたいっす
ほかのジャンルでもいいけど、会社でもう少し盛り上がりそうなネタ探してみなでさんせんしたいっすな。

カードゲーム専門もおりますので、次回はその辺掘り下げてみたいと思いますww

<<その他 大会の状況>>

LoL

 

公式サイト引用

https://jp.leagueoflegends.com/ja/

 

League of Legend のビジネスモデル作ります。理由は崩れないのと、成功している仲間がサポートしてくれるから。

世界最大のゲームタイトル。

ユーザー1億人。

リアルとバーチャルの世界。

戦略考えるのが面白い。

一応、私は元ネットワークエンジニアです。

 

実戦

世界大会予選に参加。

関西のチャンピオンに敗北。
世界大会いけなかった。。

でも。

今回の実戦経験で間違いなくレベルアップ。

Infinity esports 4team

成長させよう。