League of Legends(リーグ・オブ・レジェンズ:以下LoL)の日本リーグ「LJL」もいよいよ佳境に入ってて、4/4(日)にSengoku Gamingもプレイオフ準々決勝!

LJL配信サイト

さて、前回の記事ではSengoku GamingのLoL部門の選手5名についてご紹介しましたが、今回は私大注目のバトルロイヤルゲームの金字塔的存在である「PUBG」のモバイル版「PUBG MOBILE」とその大会・選手について書きたいと思います。

まずは「PUBG MOBILE」についてご紹介します。

PUBG MOBILEとは

PUBG MOBILEは、最大100人のプレイヤーが無人島に降下し、落ちている武器やアイテムを集めながら生き残りをかけて戦う「バトルロイヤル」ジャンルのシューティングゲーム。

元々は「PUBG」というゲームがPC専用タイトルとして発売され、バトルロイヤルという新しいタイプのゲーム性が人気を博し発売から1年ほどで最大同時プレイヤー数が300万人を突破するなど大ヒットを記録。その後、PS4などのコンシューマ機やスマホでも展開され、全プラットフォームのプレイヤー総数は4億人を超えるなど世界中でプレイされています。

バトルロイヤルゲームは「安全地帯が時間が経つに連れ狭まる」というのが最大の特徴で、安全地帯の外にいるとダメージを受けてしまうため、敵との戦闘やアイテム収集をしながら安全地帯への移動しないといけません。

ゲームの一連の流れを簡単に説明すると「パラシュートで降下→武器、アイテムを収集→安全地帯に移動→生き残る」というシンプルなもので、生き残るためには様々な戦略が鍵となっており、若年層を中心に非常に人気の高いゲームです。

 

大会について

最近は、タイトルの人気に比例して大会も非常に多く開催されています。国内ではNTTドコモが、国内eスポーツリーグブランド「X-MOMENT」を設立すると共に、PUBG MOBILE の国内リーグ「PUBG MOBILE JAPAN SERIES(以下PMJL)」を2月から開催中。

賞金は世界的に見ても最高額の総額3億円で、その他に年間350万円以上の給与を保証するなど、日本eスポーツ史上最も高額な大会!

私が応援しているSengoku Gamingも上記の大会に出場中です。

それでは、簡単に各選手のプロフィールをご紹介します!

 

Sengoku Gaming選手紹介

選手名:へこ

チームの頭脳である「オーダー」と呼ばれる役割。
安全地帯の動きや他のチームの動きを予測し、最適な指示を出す司令塔。

選手名:SaltGea

前線で敵と激しく戦闘する「アタッカー」と呼ばれる役割。
圧倒的な戦闘力で敵をなぎ倒すエースプレイヤー。

選手名:がるくん

前線で敵と激しく戦闘する「アタッカー」と呼ばれる役割。
SaltGea選手と共に前線を支えつつ、冷静な判断で敵を倒すプレイヤー。

選手名:旬の駿

状況に応じて様々なプレイを使い分ける「オールラウンダー」と呼ばれる役割。
韓国プロチームに所属していたこともある天才型プレイヤー。

 

以上がSengoku GamingのPUBG MOBILE部門の選手達です。

中でもエースのSaltGea選手が2日連続MVPの活躍を見せるなど、16チーム中総合3位の成績収め優勝を目指し日々練習に取組んでいて。是非応援お願いします!

次回のブログは、レインボーシックスシージについて書こうと思います。