IC e-sports BLOG

インフィニティコミュニケーション eスポーツブログ

未分類

レインボーシックスシージ

今回のゲームの紹介は、5vs5のシューティングゲーム「レインボーシックスシージ」について紹介します。

レインボーシックスシージとは

レインボーシックスシージは、2015年に発売された5対5の2チームで戦う「タクティカルシューター」のゲーム。

タイトルにもある通りシージ(包囲作戦)という立てこもったテロリスト達に対しての突入作戦を題材にしてて、今までとは違うゲームシステムが人気で、2020年7月には全世界プレイヤー数6000万人突破する人気作。

発売から5年が経った今でも頻繁にアップデートされ、新しい武器・マップ・キャラクターの追加や調整がされて、プレイヤーから根強い人気です。

ゲームの基本的な流れを説明すると、屋内に立て篭もり課せられた対象を守る「防衛」と、屋内に突入し対象を獲得するか停止させるする「攻撃」の各チームに分かれて行われる対戦で、ラウンドごとに攻守交替して勝利数を競うものです。

防衛側と攻撃側では使用できるキャラクターや専用装備が大きく異なっており以下のような要素や特徴があり、

・攻撃側のドローンと防衛側の監視カメラによる探りあい
・各オペレーターのさまざまな専用装備の相性
・視界の狭い屋内での戦闘がメイン
・相手との不意の遭遇が多い

以上の要素から、相手の位置や装備を知る事が大きなアドバンテージになり、シューティングゲームでありながら情報戦でもある点が人気の一つ。

大会について

国内ではNTTドコモが、国内eスポーツリーグブランド「X-MOMENT」を設立すると共に、レインボーシックスシージの国内リーグ「Rainbow Six Japan League 2021(以下、RJL)」を3月から開催中。


賞金総額は3,200万円、その他にチームに最大2100万円の給与を保証するなど、国内でも屈指の大会になってます。

簡単にSengoku Gamingの選手をご紹介します!

 

選手名:ReyCyil(レイチル)選手

試合や大会での面白いパフォーマンスに定評がある人気選手。
人気は勿論のこと、世界大会ベスト4になった実力も兼ね備えるオールラウンダー。

 

選手名:Ramu(ラム)選手

ReyCyil選手と同じチームで世界大会ベスト4を経験した実力者。
チーム内では特攻隊的な存在で、先人を切って敵地に突入する役割。

 

選手名:Febar(フェバー)選手

国内の様々な強豪チームに所属し、国内大会で優勝の経験もある選手。
オフライン大会での経験を活かしチームを牽引。

 

選手名:A1kyan(アイキャン)

状況に応じて様々な対応ができる頭脳派プレイヤー。
チーム内では天才とも呼ばれている。

 

選手名:YahooN(ヤフー)

無口なキャラクターだが、チーム内で1番撃ち合いの実力がある。
国内の様々な強豪チームにも所属していた実力派プレイヤー。

 

以上がSengoku Gamingのレインボーシックスシージ 部門の優秀な選手達!

6月の時点で、エースのReyCyil選手を中心に相手チームを圧倒し、現在8チーム中総合2位の成績!素晴らしい!
後半戦を勝ち上がり優勝を目指してがんばって!

 

(C)NTT DOCOMO, INC. All rights reserved.
(C)2021 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved.

professional gamer

さて、前回の記事ではLeague of Legendsについて書きましたが、今回はSengoku GamingのLoL部門の選手5名について紹介します。

【Sengoku Gaming:LoL部門】

Paz選手
1996/12/6生まれ 24歳
国籍:日本
ポジション:TOP
——————————————————————–
過去の所属チーム
2015春~2015夏 Ozone Rampage (日本リーグ)
2016春~2016夏 Rampage (日本リーグ)
2017春~2017夏 DetonatioN FocusMe (日本リーグ)
2018春~2018夏 PENTAGRAM (日本リーグ)
2019春~2020夏 V3 Esports (日本リーグ)
2021春~現在 Sengoku Gaming (日本リーグ)
——————————————————————–

国内の数々のチームで優勝を果たした優勝請負人。明るい性格で知られて、ムードメーカーでありながら、ゲーム中はチームを引っ張るリーダー的存在。世界大会に2度出場した実力者で、昨年の優勝チームに所属していた。プレイスタイルはチーム全体を支えるタイプで、構成に応じて様々なチャンピオンを使えるオールラウンダー。

——————————————————————–

Crash選手
1997/1/5生まれ 24歳
国籍:韓国
ポジション:JUNGLE
——————————————————————–
過去の所属チーム
2015春~2015春 ShowTime (中国リーグ)
2015夏~2015夏 ⁠⁠T.Bear Gaming (中国リーグ)
2016春~2017春 ⁠Longzhu Gaming (韓国リーグ)
2017夏~2018春 Vici Gaming (中国リーグ)
2018夏~2018夏 Machi Esports (香港リーグ)
2019春~2019夏 HK Attitude (香港リーグ)
2020夏~2020夏 J Team (太平洋地域リーグ)
2021春~現在 Sengoku Gaming (日本リーグ)
——————————————————————–

17歳の時に中国にてプロキャリアをスタート。韓国リーグ、香港リーグでもプレイし、世界大会に2度出場するなど多くの実績を残した実力者。2019年の世界大会ではチームメイトのRamune選手と対戦したこともある。アグレッシブなプレイスタイルで敵を翻弄し、チームをキャリーする。

——————————————————————–

Ramune選手
1997/11/26生まれ 23歳
国籍:日本
ポジション:MID
——————————————————————–
過去の所属チーム
2015夏~2015夏 ⁠SCARZ (日本リーグ)
2016夏~2016夏 Crest Gaming (日本リーグ)
2017春~2017夏 Rampage (日本リーグ)
2018春~2018夏 PENTAGRAM (日本リーグ)
2019春~2019夏 DetonatioN FocusMe (日本リーグ)
2020春~2020夏 SoftBank Hawks (日本リーグ)
2021春~現在 Sengoku Gaming (日本リーグ)
——————————————————————–

2016年に開催された国内最大級のアマチュア大会「Logicool G CUP」で優勝、頭角を現し、翌年からプロデビュー。プロ1年目最初のシーズンから活躍し、現チームメイトのPaz選手と共に優勝するなど、華々しいデビューを飾った。近年は所属しているチームの状況からサブ選手に回ることもあったが、実力は健在で日本人No1のポテンシャルを持つ。3度の国際大会出場経験を活かし、チームを優勝へ導く。

——————————————————————–

Gango選手
1997/5/16生まれ 23歳
国籍:韓国
ポジション:BOT
——————————————————————–
過去シーズンの所属チーム
2014夏~2014夏 Samsung White (韓国リーグ)
2014夏~2014夏 Vici Star Gaming (中国リーグ)
2015春~2015春 ⁠Vici Potential Gaming (中国リーグ)
2015夏~2015夏 Unlimited Potential (中国リーグ)
2018春~2018夏 Unsold Stuff Gaming (日本リーグ)
2019春~2019夏 KT Rolster (韓国リーグ)
2020春~2020夏 Crest Gaming Act (日本リーグ)
2021春~現在 Sengoku Gaming (日本リーグ)
——————————————————————–

2018年に日本リーグデビュー。現チームメイトのEnty選手とのコンビは、今でも日本歴代最強と評される。日本リーグの後は韓国リーグでもプレイするなど、海外の評価も高い。日本での生活は通算で3年目となり、日本語でのコミュニケーションも円滑に可能。持ち前のキャリー力を活かし、優勝を目指す。

——————————————————————–

Enty選手
1997/9/25生まれ 22歳
国籍:日本
ポジション:SUPPORT
——————————————————————–
過去の所属チーム
2015春~2015夏 7th Heaven (日本リーグ)
2016春~2019夏 Unsold Stuff Gaming (日本リーグ)
2020春~現在 Sengoku Gaming (日本リーグ)
——————————————————————–

2020年からSengoku Gamingに所属する日本人最強のプレイヤー。プレイから僅か半年でチャレンジャー(LoL最高ランク)に到達するなど、プロデビュー前から天才と評されていた選手。2017年にはeスポーツ留学のため韓国へ3ヶ月滞在、韓国のトッププロチームとの練習で実力が向上。韓国語も学んでおり、韓国人選手との円滑なコミュニケーションが可能。再結成したGango選手とのコンビで、悲願の優勝を目指す。

——————————————————————–

以上がSengoku GamingのLoL部門の選手達!

次回はバトルロイヤルゲームの金字塔的存在であるPUBGのモバイル版「PUBG MOBILE」について書きます!

PS
遂にLeague of Legends(リーグ・オブ・レジェンズ:以下LoL)の日本リーグ「LJL」が開幕しました!

→→ LJL配信サイト ←←

League of Legends

Mollyです。

前回、国内トッププロのeスポーツチームのSengoku Gamingについて書きましたが。

今回は、世界最大規模のeスポーツのゲームタイトルである『League of Legends』(リーグ・オブ・レジェンズ:以下LoL)について書いていきます。LoLから、若干のeスポーツ市場についてのイメージもみえてくるかと。

 

LoLは、アメリカのゲーム会社Riot Games2009年にリリースしたMOBAMultiplayer online battle arena)というジャンルのゲーム。

MOBAをわかりやすく説明すると主に55で戦うロールプレイングゲームと将棋を混ぜたアクションゲームみたいなもの。

世界全体のプレイヤー数はおよそ1億人で、世界で最もプレイヤー数が多いPCゲームと言われてます。

また、LoLの世界大会は他のeスポーツタイトルに比べて規模が大きく、賞金総額は約72000万円、平均視聴者数は約2,180万人、最大同時視聴者数は約4,400万人とリアルスポーツと肩を並べる賞金や視聴者を集めています。

2019年世界大会決勝戦の様子

 

日本でも「League of Legends Japan League(以下LJL)」という公式大会が開かれていて、優勝すれば世界大会に日本代表として出場可能。

 

LJLはリーグ戦形式で、全8チームで行われています。シーズン中は毎週末試合が開催されていて、渋谷にある「ヨシモトホール」で開催されており、開幕戦ではチケットが数分で売り切れるほどの人気!

会場ではファンの熱量も高く、リアルスポーツと同じ盛り上がりを感じることができます。

2019年のSengoku のファンミーティングの様子。アイドルイベント並み。

 

会場での観戦はもちろんですが、各配信サイトでのオンライン配信もあり平均で2~3万人ほどの視聴者がいます。コロナ禍でもオンラインで大会の開催が可能なため、スケジュールに影響なく楽しめることもeスポーツの良さであり。これから拡大するオンラインコンテンツ市場での成長は計り知れないものがありますね。

LJLのスケジュールは、例年通りであれば2~5月の「Spring Split」と6~9月の「Summer Split」の2シーズンで開催されてます。

ちなみに、Sengoku Gaming2020年のLJLでは春:準優勝 夏:3位の成績。

2021年は悲願の優勝を達成するために、選手を強化して試合に望むようです。

頑張って!

 

さて、そんなLJLの開幕も近づく中で。

次回はLoL部門の選手にフォーカスしてみようかなと思います。

 

私が仲良しで応援してる

Sengoku Gaming】は

公式WEBサイト:https://sengokugaming.com/

公式Twitterhttps://twitter.com/Sengoku_Gaming

Sengoku Gaming

Mollyです。私がeスポーツ業界にも携わっているので、eスポーツをもっと身近の意味で、
eスポーツの情報も定期発信していこうかなと思います。

eスポーツのビジネスに興味がある人は私に声かけてくださいねw

今回、まずは仲良しなeスポーツプロチームの「Sengoku Gaming」について簡単に紹介します。かなりの強豪チームです。

 

「Sengoku Gaming」は、世界的なeスポーツ大会が行われているゲームタイトルで、世界への挑戦を続けているプロeスポーツチーム。
プロ選手のスキルと人間性を高め、社会的に活躍できる場を広げるとともに、礼儀・礼節を重んじ、子供たちの憧れとなるチームを目指してる、かなりカッコイイ、プロゲーマ集団です。

メンバー(一部)の様子↓

 

Sengoku Gamingは現在、以下の6部門で活動してます。(2020年10月時点)

eスポーツ全体像の理解にもなるので、大会の概要市場も説明もしておきます。

 

[League of Legends(以下、「LoL」)部門]
昨年の世界大会決勝では、全世界で4,400万人が同時視聴するなど、世界的なeスポーツタイトルである「League of Legends」で世界を目指している部門。
日本国内では、世界大会への出場をかけたプロリーグ「LJL」が開催されており、
ちなみに、Sengoku Gamingは、今年の春・夏シーズンをそれぞれ春シーズンは準優勝、夏シーズンは3位と、世界大会へあと一歩。
LoLは全国高校eスポーツ選手権や社会人eスポーツリーグに採用されるなど、教育・文化の面でも注目されているゲームタイトルの一つ。

[PUBG部門]
最大100人のプレイヤーが最後の1人になるまで戦い抜く人気バトルロイヤルゲーム「PlayerUnknown’s Battlegrounds」(以下、「PUBG」)で活動している部門。

PUBGの国内リーグ「PUBG Japan Series」では、Sengoku Gamingは、惜しくも優勝には手が届かなかったけれど、Jリーグのように3部制で入れ替えシステムが採用されている中で1年以上もの間、国内最高レベルのGrade1を維持し続けているので、国内トップクラスの実力を持っているチームとも言えるかと思います。

[R6S部門]
これは、Sengoku Gamingの立ち上げ当初の“オリジン”である5vs5のタクティカルシューティングゲーム「Rainbow Six Siege」で活動している部門。

国内優勝・アジア大会への出場などの実績を残しながらも一度は解散となったR6S部門が熱いファン・コミュニティの要望を受け、今年ついに復活。復帰早々に参戦した幕張メッセで開催された「Rainbow Six Japan Championship 2020」ではベスト8の成績で、優勝チームをあと一歩のところまで追いつめる戦いぶりを見せるなど、激熱でした。

[VALORANT部門]
「League of Legends」を開発したRiotgamesが満を持して今年リリースした大注目のタクティカルシューティングゲーム「VALORANT」で活動している部門。
強豪8チームの招待制で開催された大会「VALORANT Mildom Masters 2020」で2位の実績!
2020年10月時点のアジアランキング(https://www.thespike.gg/rankings)では7位に位置している今勢いがあるチーム。

[APEX部門]
PCやPS4、XBOXなど多くのプラットフォームでプレイができる大人気バトルロイヤルシューティングゲーム「APEX Legends」の部門を今年新たに設立。
Sengoku Gamingで唯一マルチチーム制を敷いている部門で、「Abyss」と「Rose」の2チームで大会に挑戦中。

[Racing部門]
大人気レースゲーム「グランツーリスモSPORT」の世界大会の優勝経験も持ち、昨年初めて開催された茨城国体の文化プログラムに採用された「全国都道府県対抗eスポーツ選手権」では一般の部で2位など国内トップクラスの実績を持つ選手も所属。

上記6部門以外にも、女性ストリーマーぽよしを始めとしたストリーマーも所属してて、視聴者を楽しませる配信活動とかもやってます。

このように各部門で選手、コーチ、スタッフ一丸となって世界へ挑戦してるカッコイイ
Sengoku Gamingの奮闘の姿を是非応援を!

次は、各部門毎の詳細や、選手にフォーカスした記事など書こうかなと思います。

 

公式HP   :https://sengokugaming.com/
公式Twitter :https://twitter.com/Sengoku_Gaming

TEPPEN WORLD CHAMPIONSHIP 2020出場を目指して

こんにちは、TCG担当Gです。

TEPPEN WORLD CHAMPIONSHIP 2020が発表されていますが、出場権を得る方法である「ツアーポイント(毎月実施されているランクマッチの合計ポイント)の年間上位20名」か「オンライン大会上位入賞」のうち、後者のオンライン大会がついに本日実施されます。

年間通して活躍している20名を除くと、今年の世界大会への出場権を得ることの出来る唯一の大会とうことで、今年最も盛り上がっているタイミングだと思います。
私もわずかな希望をかけて参加してみようと思います。

ではまた

ぷよぷよeSprots

eSports担当することになりました水野です。
以後お見知りおきを

Blog投稿任務を拝命されたわけですがが、即ネタもなかったもので、先月参戦した「ぷよぷよesports」の近況を軽くご報告です。

全国都道府県対抗 eスポーツ選手権2019 IBARAKI
参戦してきたのはこちらの大会(8/17の神奈川予選)になります。

大会の簡単ルール
予選:シングルプレイの2分間のチャレンジモードを2回プレイして点数高いほうが自スコアとなり上位16名が通過
決勝トーナメント:タイマン勝負

という感じです。
予選は2分間のスコアアタックとなりますゆえ、必然ながーい連鎖をいかに組めるかという勝負になるわけでございます。
東京予選通過スコアが63万(16連鎖程度)と聞いていたので・・・神奈川も同等か、最低15連鎖程度になるだろうと思っております。

何を隠そう、16連鎖など学生時代(20年前)にやったことがある程度で、15連鎖すら数十回に1回程度の低確率、2回のチャレンジでできるかよ~っていう程度の力量しかないわけですが・・

そんなですが、なんだかんだでやる気満々の「整理券001」!!
トップでチャレンジしてしまうわけっす。

そして結果は、最大9連鎖しかできずに惨敗・・・・orz

10時でトップ受付してしまったもんだから、結果発表の14:45まで待ちぼうけ・・・大和イオンモールでまちぼうけ。。。
正直大会ルールもう少し把握しておれば、ギリギリに来てからでも大丈夫だったな。。と後悔もしつつ待つこと4時間

いよいよ14:45になり、結果発表~
予選通過スコアは、53万点と、15連鎖は、やはり必要でございました。。。アーメソ

そのまま決勝なんて見ることなく帰りましたよ。。だって家族がまっているからw

来年はもう少しレベル上げて挑むかどうかしたいっす
ほかのジャンルでもいいけど、会社でもう少し盛り上がりそうなネタ探してみなでさんせんしたいっすな。

カードゲーム専門もおりますので、次回はその辺掘り下げてみたいと思いますww

<<その他 大会の状況>>

LoL

 

公式サイト引用

https://jp.leagueoflegends.com/ja/

 

League of Legend のビジネスモデル作ります。理由は崩れないのと、成功している仲間がサポートしてくれるから。

世界最大のゲームタイトル。

ユーザー1億人。

リアルとバーチャルの世界。

戦略考えるのが面白い。

一応、私は元ネットワークエンジニアです。

 

実戦

世界大会予選に参加。

関西のチャンピオンに敗北。
世界大会いけなかった。。

でも。

今回の実戦経験で間違いなくレベルアップ。

Infinity esports 4team

成長させよう。