Engineer Girls Club

インフィニティコミュニケーション エンジニア女子部

2019年鳥越祭が開催されました!

こんにちは!
第三事業部の大野です。

梅雨晴れの一日、夏本番を思わせる強い日ざしとなりましたが
暑さにも負けない熱気溢れる鳥越祭についてお届けします!☀️☀️☀️

鳥越祭とは、約1360年の歴史を誇る鳥越神社の例大祭で
最大級と言われる『千貫神輿』と呼ばれる御本社神輿を担ぎながら、
下町情緒溢れる町内を練り歩くお祭です。

神輿の重さは約4トンもあり、最大級の大きさでありながら
下町特有の狭い路地に入るために短い作りの担ぎ棒の為、
担ぎ手一人の負担がとても大きく、都内最重量とも言われています。・・・Σ( ̄Д ̄lll)

弊社では第三事業部長が地元町会の運営にあたっていることもあり
昨年に引き続き、会社のメンバーも地域活動を兼ねてお祭りに参加しました。

鳥越祭は3日間開催されます。
初日は金曜日のため、社員たちは参加しておりません。

2日目は各町内でたくさんの御神輿が出され、下町風情の残る町並みに溢れんばかりの掛け声がはしります。
我らが二長町は町会設立70周年の周年行事となり、町会の大神輿も10年に一度の鳥越神社宮入ということで、昨年以上に緊張感がありました。

3日目はお祭の主役、御本社千貫神輿が登場し、鳥越神社を中心に18の町会がバトンタッチをしながら地域を練り歩きます。
江戸の喧嘩祭り🔥」とも呼ばれている鳥越祭では、担ぎ手たちの担ぎ棒争奪戦による激しい争いが多々みられ、いたるところで喧嘩が勃発しますが
それも醍醐味といっていいでしょう(笑)

昨年はカメラ担当を任されていた私ですが
担ぎ手たちの姿に触発され、自らも担ぎ手となり参加しておりました。
無事、両肩が上がらなくなりました…llll(-∀-;)llll

掛け声とともに勇ましく街を進む姿。
夜には細提灯に灯がともり幻想的な光景を目にすることができる鳥越祭。

皆さんも足を運んでみてはいかがでしょうか?

SNSでもご購読できます。